読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オケラと暮らす日記

オケラ(ケラ)を飼育しています。

ケラ末っ子も成長している

2016年12月16日

松山を取り囲む山々に雪が積もったりしてようやく年末気分が盛り上がって来たところだ。

我が家は冬の間は1日中エアコン付けっ放し作戦実施中なので、ケラたちの飼育環境は自然界の気温まで下りはしない。夜でも20度Cは超えているかな。

冬眠的にじっと動かなくなるものなのか、という疑問は誰しも持つと思う。どうだろうか。日中は日の光が入る暖かい面に集まっているように感じるが、四六時中監視している訳でもないから、人間のバイアスでもの言っているだけかもだ。実際、夜もよく活動してご飯もぐもぐしているわけだし。

末っ子らも少なくとも来年の夏には成虫になるわけで、冬の間成長を休むわけにはいかないんじゃないか、と予想している。

食べて、身体中かきむしって、穴掘って、脱皮して、食べて。

 

妖精状態の末っ子ケラ

f:id:say-01:20161217135825j:plain