読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オケラと暮らす日記

オケラ(ケラ)を飼育しています。

ケラの気門

2016年12月8日

気門。

昆虫は「器官呼吸」といって、腹の横にある穴、気門で息をしている。

実を言うと、ケラを飼い始めるまであまり昆虫に興味がなかったので、呼吸の仕組みを知らなかった。

40mm前後に成長したケラたちのお腹に点々があることに、なぜか今まで気づいていなかった。

f:id:say-01:20161209131815j:plain

足で隠れているが、両脇に6つずつかな?

 

前に、脱皮の翌日のケラを「騎士の鎧のよう」に側面がフリリーだと書いた気がするが、あれはディティールアップではなく、単にまだ規定のサイズに膨らんでいないだけだったようだ。要するにシワがよっていたのだ。

数日経てば、シワが伸びて滑らかになってしまう。逆に考えれば、フリリーな個体はここ2日くらいの間に脱皮した子、というわけだ。

 

 

今日のシマ争い。

f:id:say-01:20161209132747j:plain

2匹ともすでに翅がしっかりしているが、水槽組の標準サイズ。下の子がやや大きいかな。トンネルで出会って激しく突き合いをしていた。

突然、両者の動きが止まった。これからボクシングの試合が始まるみたいに、拳と拳を付き合わせたまま、じっとしている。人間にはわからない言葉で会話しているのかもしれないね。

この後、下の子がずるずると下がっていき、上の子はしばらくフリーズしたままだったがそのうち上へ上がっていった。あれ、下の子を追わないのか。やっぱり心と心で会話していたのか。「我ら……互角!」とか。

しばらくのち、下の子がちょっとした水苔ボールを転がしながら登ってきた。上の子がいる場所まで運んで、そのまま壁にしてトンネルを隔ててしまった。

上の子は、陣地が侵されてはたまらんとばかりに反対側から押して抵抗していたが、なんだかうまい具合に両者の力の方向、カッコよく言うとベクトルがそれて、行き交う形になって喧嘩は終了した。