読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オケラと暮らす日記

オケラ(ケラ)を飼育しています。

ケラの部屋づくり

2016年11月19日

金魚鉢で脱皮した子を見つけた。

f:id:say-01:20161121152027j:plain

こんなちっちゃい子の妖精姿は初めてみた。真っ黒お目目がキュート。

人間かカメラか他の子の気配を察知してトンネル内をウロウロ。危険がないことを確信したか、またこの位置で休憩し始めた。

この状態の時は新しくトンネルを掘ることはない様子なので、あらかじめ脱皮用のトンネルを確保しているのだろうと思う。

 

2016年11月20日

ケラはトンネルを掘る時、ただ進行方向に掘り進んでいるわけではないようだ。餌に向かってピンポイントに縦穴を掘っていたり、地面の約1cm下に水平に掘ってどこからでも餌にアプローチできるように工夫していたりする。

掘り方も、ただ搔きわけているだけではない。時には数センチ先から水苔の塊を転がして別の場所に移動させる行動も見られる。「ここはもう少し掘って、あそこの穴は塞ごう」と、なんらかの目的を持って建造しているようだ。

 

それにしても、

f:id:say-01:20161121153352j:plain

外光をふんだんに取り入れた部屋。

もう、地上となんら変わらないではないかと思うけど、ケラにとっては違いがあるんだろうな。このトンネルの住ケラも、水苔の塊をあっちへやりこっちへやりしてリフォームを繰り返している。

気にいるお部屋ができるといいね。