読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オケラと暮らす日記

オケラ(ケラ)を飼育しています。

ケラ幼虫の青年期

2016年10月24日

ケラの幼虫の背中には模様がある。蛇腹構造的な表面のボコボコに沿って、黒っぽい。そして、腹部の、胸に近いところ(人間の感覚でいうと肩甲骨のあたり)はより濃い色をしている。

小さいうちはその「濃さ」が微妙な色づき程度だが、大人になる一歩手前にまで成長したデネブ級ともなると、はっきりと黒い。

f:id:say-01:20161024125701j:plain

f:id:say-01:20161024125733j:plain

むむむ、明るく写そうとすると反射もひどいな! 心の目で見てください。

 

f:id:say-01:20161024125848j:plain

これならよく見ればわかるかな? この黒い部分はちゃんと別パーツです。胴体との間に隙間があるわけではないけれど、翅の素とでもいうべき部位なのでは。

 

ちなみに、お腹の触りごこちは プニプニ です。

ほら、猫の仲間ですからね、肉球と一緒です。