オケラと暮らす日記

オケラ(ケラ)を飼育しています。

9月20日産まれの仔ケラたちは

2017年10月18日

920Bros. の数を数えようとする。ちょうどいいサイズのものがなくてうっかりステンレスバットに移したせいで反射で写真が撮りにくい。

f:id:say-01:20171019205007j:plain

一番大きい仔は 9mm ほどに成長していた。

 

f:id:say-01:20171019205115j:plain

ほかの仔はみんなこのくらい。6mm といえば孵化したばかりの頃と変わらないように思えるが、色分けやフォルムがかなり違う。

 

数は6匹。だがそのうち1匹はかなり弱っているようだった。孵化直後に瓶の外から数えたときは少なくとも7匹はいた。そろそろ赤虫を食べてくれると安心なのだが。

 

 

ついでなのでラムチャンの瓶の中を覗いてみた。ラムチャンはモロボシと別居になった時から瓶の底をベチャベチャにして毎日ぐるぐると走り回っているので、卵室を作っているかもしれない。

手を突っ込んで水苔をかき分けると、果たしてベチャベチャした塊に行き当たった。この段階では単に水分を多く含んだ水苔の塊なのかもわからない。瓶底からえぐるように掻き出すと

f:id:say-01:20171019210518j:plain

そこには重量感のある立派な卵室が。

直径 60mm もある。少しくらい押しても壊れない。これなら卵が30個以上入っているかもしれない。ラムチャンの飼育瓶の底を 1/3 ほども占領していたこの卵室は別の瓶に移すことにする。ラムチャン、まだ産めるやろ?

オケラの孵化まで何日かかる?

2017年10月17日

9月27日に水槽からサルベージした卵はしばらく透明感のある外観だったが、ここ数日で不透明な白色に変わった。水槽は大所帯で産まれた卵が片っ端から食べられていることを考慮すれば、9月27日の朝に産卵したばかりだったと推測できる。2週間くらいで孵化しなければダメかとも思ったが、急に寒くなったので様子見していた。孵化までの日数には気温が関係するらしいので。

 

そして今朝。

f:id:say-01:20171017151001j:plain

ああ。孵化してました。20日かかってます。

孵化したばかりの子は白くてよく目立つ。もう黒っぽく色づいている個体もいる。数匹孵化できたようだ。

この子らも不完全な卵室から外の世界に出てきてしまったので、あまりほじくり返すとママのおっぱい(卵室の壁に含まれる母ケラの体液)にありつけないかもしれない。数えるのはまた後日。

 

少し時間をおいて、程よく色づいた個体を周りの水苔ごとすくい上げてみた。

f:id:say-01:20171017151751j:plain

まだよちよち歩きでしょっちゅうひっくり返っているが、しかしよく動く。元気だ。

 

f:id:say-01:20171017151920j:plain

なかなかじっとしてくれないが、手相の溝を掘ろうとして懸命に食いついているところをようやく計測。6mm くらいかなあ。

 

そう言えば、10月に入ったら 920Bros. の数を数えるつもりだったが都合がつかないまま。ひとまわり大きくなっているようだ。明日こそは。

 

ベガとアルタイルの子供たちの間にでき、7月11日に孵化したセブンは1週間で死んでいった。今日孵化した子らは長生きしてくれると嬉しい。

オケラの耳はどこにある

2017年9月29日

ぶどう。ベガとアルタイルに皮の付いたままのと剥いてやったのとを与えると剥いた方しか食べなかったぶどう。

爪楊枝を使えばそう手間でもないので剥いてやり、各ケースに入れてやった。

スイカもそうだが、ぶどうも夢中になる美味しさのようで、水槽の数匹が人間の目の前でむしゃぶりつく醜態を見せた。

f:id:say-01:20171002194545j:plain

やはり口元の構造がよくわからない。先端の丸い4本の突起のうち上側の2本は、人間の人差し指のような関節を持ち、ぶどうを押さえたり刮いだりしているように見える。

4本の突起の中央は十文字に開くのではないかと思うが、その様子は観察できなかった。中央からブラシ状の舌のようなものが出てきて、ぶどうの実を削り取っているように見える。カブトムシと同じようなものだろうか。

 

920Bros. には大きすぎるのか、よじ登って遊ぶ(?)ものの食べているふうではなかった。汁ぐらいは舐めていたかもしれない。

f:id:say-01:20171002195643j:plain

 

ところで、幾度となく「ケラ」「オケラ」に様々な語をプラスして検索している私だが、全く新しい情報に出会わなくなって久しい。ふと、英語の世界ではどのような扱いを受けているのかと気になり、検索窓に「 mole cricket 」と入力してみた。

トップはもちろん

Mole cricket - Wikipedia

で、その下には「 pest control(害虫駆除)」の文字が見えるサイトが並ぶ。

ウィキペディアの日本語のページには主に日本のケラのことしか書いていないが、英語ページには世界のケラの仲間の記述があり、生態に関しても若干表現が違うようだ。

「文化」の項目に面白いものを見つけたので訳してみる。

 

In Japan in the past they seem to have been associated with the worms/corpses/bugs that announce a persons sins to heaven in the Koshin/Koushin belief—see the spirit ghoul shokera/shoukera.

日本では、昔、オケラは庚申待において天帝に人間の罪を告げるミミズ/死体/昆虫だと信じられていた。妖怪しょうけら(精螻蛄)を参照。

 

うーん、オケラと精螻蛄はカラスと八咫烏くらい違う気がする。

 

閑話休題、英語版 Wikipedia からケラの解剖に関して新しい知識を得た。

オケラの耳の位置です。

f:id:say-01:20171002202542j:plain

コオロギなんかも前脚の側面にあるそうで。

耳のそばで土を掘ってたらうるさいんじゃないかなんて思ったりもするが、人間の耳とは聞こえる周波数がだいぶ違うんだろうなあ。

オケラ新体制

2017年9月27日

ラムチャンがせっかく卵を産んでも、モロボシが全て平らげてしまう。別居してもらうよりほかない。飼育ケース足りない問題だが、水槽がスカスカのはずなので、金魚鉢組、大キャンディポット組、要するにベガとアルタイルの子達を全て一緒にすることにする。

9月6日時点でのオケラの数は、水槽組=成虫15匹、金魚鉢組=成虫9匹、大キャンディポット組=成虫5匹+幼虫1匹だった。あれから3週間。

 

水槽も中に死骸が残っている可能性、卵がある可能性を鑑みて、一度全て別容器に移した。思った通り、バラバラ死骸が散乱していた。卵も少しだけ残っていたので別瓶に隔離した。死骸のせいかオケラの加齢臭なのか、水苔が綺麗な割には悪臭があった。

生きているオケラは5匹だった。10匹減った。興味深いことに、5cmあるような大型の個体は残っておらず、全て3cm大程度ばかりだった。

f:id:say-01:20170929131336j:plain

 

金魚鉢。9匹全て生きている。最近餌の減りが悪い気がするが、まだ大丈夫みたいだ。卵はなかった。金魚鉢のオスはよく鳴いているのに。まあ、食べているんだろうけど。

f:id:say-01:20170929132416j:plain

 

大キャンディポット。全て生きている。成虫5匹+幼虫1匹……まだ羽化してなかったんか! 君だけネオテニーに進化したの?

f:id:say-01:20170929132746j:plain

 

モロボシ(左)とラムチャン。

モロボシは水槽に混ぜても良かったが、万が一ラムチャンと取り違えると残念なことになるので、このカップルは1匹ずつ別の瓶に住まわせる。

f:id:say-01:20170929132854j:plain

 

 

920bros. は、モロボシ世代がこの時期そうであったように思い思いに荒野を目指している。この生まれたばかりの頼りない脚で、壁を、水苔の隙間をよじ登り地上をはねるのだ。

f:id:say-01:20170929133634j:plain
f:id:say-01:20170929133659j:plain

レタスにも小さな小さな齧り跡が残るようになった。来週には一度個体数を数えてみたい。

オケラのオスは頭悪いんじゃないの(怒)

2017年9月24日

ラムチャンがこしらえた卵室に隙あらば口吻を突っ込もうとするモロボシを赤虫で誘導するなどして人間も頑張ったのだが、やはり飼育瓶を分けないとダメなのかもしれない。

f:id:say-01:20170924215854j:plain

卵室だった場所の上にがっつりと開いた穴。写っていないが奥の方にモロボシがいる。卵は全く見えなくなってしまった。

 

しかしラムチャンも負けていない。

持ち上げて底を見ると、新しい卵が。

f:id:say-01:20170924220321j:plain

隔離したいが、しかし飼育瓶の空きがない。辛い。

 

さて、今朝方まで半径10mm程度の範囲でもぞもぞしていた 920 Bros. は、夜覗いてみるとおのおの冒険の旅に出かけていた。孵化した場所の近くの水苔の隙間を行ったり来たりする個体が見えたが、写真は撮れそうにない。先日与えた赤虫はカビてしまったので取り除き、レタスの柔らかいところを差し込んでみた。

f:id:say-01:20170924221234j:plain

たった4日で巣立ったのは、卵室が不完全だったからなのか、それとも、こんなものなのだろうか。どうもネットで調べた情報と食い違っていて(もっと長く卵室に留まるのだったはず)、そうなるとデネブの誕生の時期なんか計算間違えている気がする。

 

オケラの可愛らしさに変わりはないから、いいか。だいたいケラの産卵を詳しく研究してる人らって、駆除目的でしょ? ご苦労様です。

オケラの卵室作り

2017年9月22日

ラムチャンが再び産卵していた。

f:id:say-01:20170922123659j:plain

前回、はじめ色が黒っぽい卵と白っぽい卵があり、そのうち全部同じ色になったのだったが、今日の卵を見るとどうも産みたては黒っぽいらしい。スモーキーグレー。

それにしても、ラムチャンはよほど壁際に卵室を作るのが好きらしい。強度は土の比ではないので、賢い選択かもしれない。自然界で言えば、岩肌に沿って作るようなものだろうか。

 

奥を覗き込むと、ラムチャンが穴を埋めているシルエットが見えた。

www.youtube.com

なるほどなあ。まずアリの巣の部屋のような空間を作って産卵したら、最終的に出入り口をふさぐのか。

 

約1時間後に覗き込むと出入り口はすっかり塞がれており、ラムチャンは卵室のエクステリア工事に取り掛かっていた。

f:id:say-01:20170922125555j:plain
f:id:say-01:20170922125615j:plain


上左右からぐるりと固めている。

f:id:say-01:20170922130050j:plain

 

こうやって見ると卵室の中は結構スペースが広いが、外から固められて徐々に狭くなっているようだ。

f:id:say-01:20170922130332j:plain
f:id:say-01:20170922130434j:plain



9月20日産まれのベビーケラたち---通称 920 Bros. (今決めた)は、あまり動きまわらないで寄り添いあっている。まるで網戸に群がるカゲロウみたいだ。

f:id:say-01:20170922131055j:plain

昨晩1本入れてみたけど、さすがにまだ赤虫は食べないか。

じっとしているのは、もしかすると1回目の脱皮の準備なんじゃないかと思ったり。孵化後どのくらいから脱皮が始まるのかわからないが、卵室脱出前に2回も脱皮するとかいう噂があるので期待している。

 

動く!オケラの赤ちゃんたち

2017年9月20日

明朝から孵化を始めたらしいベビーケラたちは、夕方にはほとんどパンダ柄に色づき、卵の殻に頭を突っ込んで中からぺろぺろと舐め回していた。個体に比べて卵の殻の数が少ないように見えるので、最終的には全部食べてしまうのだと思う。

 

www.youtube.com

腹から見ると真っ白だけど、頭部や胸部の上側は黒くなっている。カメラを通すとよくわからないが。

熱心に瓶の内側をぺろぺろしているものだから、もっと栄養採れそうなところを舐めなさいよと声をかけたくなる。

 

7月3日に我が家に飛んできたメスケラをいつまでも「他所から来たお嫁さん」と呼ぶのは不便なので、「ラムチャン」と名付けることにした。昨年我が家で産まれて成虫になったラムチャンのパートナーは「モロボシ」だ。モロボシの両親がベガとアルタイルなので星つながりでいいんじゃないかな。

 

ラムチャンが卵を産んだのは9月3日だった。18日で孵化したということだ。卵の正確な数はわからないが、ベビーは10匹以上いるようだ。

19時ごろに観察すると、半日前と変わらず狭いところでぎゅうぎゅうになっており、身動きが取れていないように見えた。自然の中でも卵室の内部はこんなもんだろうと思ってそのままにしておいたが、土製の卵室と違い壁の半分は固い固いガラスな訳で、21時ごろいたたまれなくなって周りの水苔を崩してやった。

ベビーたちが生き生きと蠢き始めたので、これでよかったのかな。

モロボシの末の弟妹も人為的に崩した卵室で孵化して育ったので、まあ大丈夫かなと思う。