オケラと暮らす日記

オケラ(ケラ)を飼育しています。

動く!オケラの赤ちゃんたち

2017年9月20日

明朝から孵化を始めたらしいベビーケラたちは、夕方にはほとんどパンダ柄に色づき、卵の殻に頭を突っ込んで中からぺろぺろと舐め回していた。個体に比べて卵の殻の数が少ないように見えるので、最終的には全部食べてしまうのだと思う。

 

www.youtube.com

腹から見ると真っ白だけど、頭部や胸部の上側は黒くなっている。カメラを通すとよくわからないが。

熱心に瓶の内側をぺろぺろしているものだから、もっと栄養採れそうなところを舐めなさいよと声をかけたくなる。

 

7月3日に我が家に飛んできたメスケラをいつまでも「他所から来たお嫁さん」と呼ぶのは不便なので、「ラムチャン」と名付けることにした。昨年我が家で産まれて成虫になったラムチャンのパートナーは「モロボシ」だ。モロボシの両親がベガとアルタイルなので星つながりでいいんじゃないかな。

 

ラムチャンが卵を産んだのは9月3日だった。18日で孵化したということだ。卵の正確な数はわからないが、ベビーは10匹以上いるようだ。

19時ごろに観察すると、半日前と変わらず狭いところでぎゅうぎゅうになっており、身動きが取れていないように見えた。自然の中でも卵室の内部はこんなもんだろうと思ってそのままにしておいたが、土製の卵室と違い壁の半分は固い固いガラスな訳で、21時ごろいたたまれなくなって周りの水苔を崩してやった。

ベビーたちが生き生きと蠢き始めたので、これでよかったのかな。

モロボシの末の弟妹も人為的に崩した卵室で孵化して育ったので、まあ大丈夫かなと思う。

他所から来たお嫁さんケラの子、孵化!

昨夜見たときはまだだったんですけどね、夜中に始まっていたようです。

f:id:say-01:20170920141408j:image

ぎゅうぎゅう。

 

よくよく観察すると、このカタマリ以外のはぐれ卵も孵化していました。

f:id:say-01:20170920141530j:image

 

むちゃくちゃかわいいです。 

 

久々のケラ飼育ケース一斉清掃

2017年9月6日

タイトルの通りです。

いつもどおりケラの生き残りの数を数えながら掃除。まずは大キャンディポットから。少し狭いせいか、餌の減りも土の汚れるスピードも相変わらず一番早い。

 

f:id:say-01:20170907141308j:plain

 

なんと、7月12日の掃除の時と変わらず、成虫5匹、幼虫1匹。幼虫のひとはまだ大人になってなかったのか。

ちなみに、7月12日にここから隔離した卵は全く孵化する様子なく、処分した。

 

見た目にお腹のふくふくしたメスがいたので持ち上げると、体をぎゅーっと縮めてますます丸くなった。

 

f:id:say-01:20170907142020j:plain

 

 

 

続いて金魚鉢。

f:id:say-01:20170907142231j:plain

 

9匹の生存を確認。なんとこの子たちも7月12日から全て生き残っている。

 

 

最後に水槽。

動きが素早く、写真を撮るのに苦労した。

 

f:id:say-01:20170907142554j:plain

 

水槽は6月21日以来の掃除だ。あの時は成虫42匹、幼虫2匹いたが、きょうだいの中でも早く生まれたお兄さんお姉さん組で、次々寿命を迎えている。1匹は別の瓶でよそからきたお嫁さんと暮らしているので、差し引き43匹。そこからどのくらい減ったのか。

結果は、成虫15匹、なきがら4匹。

これまでには見られなかったことだ。死骸は放っておけばきょうだいの餌になっていたのだが、確かにこの最近は地上に横たわったまま人間が処分するしかない状態のものも数匹いた。

結局、20匹程度はケラたちが処分したものの、生き残りの数が減って、ついに処理能力を超えてしまったのだろう。

 

今回も卵室は発見できなかったが、美しく光る卵の粒を数個、食欲旺盛な成虫たちから隔離することに成功した。

 

f:id:say-01:20170907144023j:plain

 

 

2017年9月7日

朝の餌やりの際、水槽の真新しい水苔の上にまた亡骸が転がっているのを見つけた。前日の掃除の時、尾葉の片方が半分の長さになって動きの鈍いのがいたが、その子のような気がする。

モテなかったオケラが結婚していた

2017年9月3日

例の、鳴き声の下手くそなオスケラは、姉だか妹だかにはまったく相手にされていなかったので、よそから嫁いできたメスと2匹ぽっちで住まわせていた。

相変わらず毎日下手くそな歌を歌っていたオスだが、お嫁さんもとうとうほだされたらしく。

 

産んでいる。

f:id:say-01:20170903131314j:plain

 

底の方の卵が黒っぽいのは気になるが。

f:id:say-01:20170903131405j:plain

 

よそから来たオケラでもやっぱり卵室が作れないということは、土の材質が悪いのかなあ。

 

きょうだいと離しているとはいえ自分の卵を食べないものなのかどうかわからないので、卵はこの瓶に残したまま、成虫2匹を別瓶に移した。

卵の周りの土は少しぺたぺたしていた。

ここに十数個まとまっているもののほかにも、ばらばら産み散らかした卵が見え、それもそのままにして、上の方の水苔は新しいものに替えた。

 

無事に産まれてほしいなあ。

寿命を迎えるケラたち

2017年8月26日

梨を入手したのでケラにおすそ分け。

www.youtube.com

なんでズームしたの気づいた。

 

さて、ケラの寿命は1年。週に一度は地上にボディが転がっている。たいてい放置しておくときょうだいの餌になるのだが、3日経ってもそのまんまのやつは人間がつまみ出すことにしている。飼育ケースの空気穴から入るコバエの苗床になっても困るので。

 

これは発見したばかり。このような感じで横たわっている。

f:id:say-01:20170902215630j:plain

 

2017年8月30日

ケラは飼育ケースのフチに沿ってぐるぐる走り回る。人間側もわざと餌をフチに沿って撒く。今個体数が減ってちょうどいいのか、フチがよくベベル状になっている。ベベルってなんだっけ、面取り?

f:id:say-01:20170902220756j:plain

f:id:say-01:20170902220819j:plain

写真わかりづらい。

ジャガイモの面取りしたみたいに、ぐるりと一周斜面ができているのです。

 

オケラベビー "セブン" 観察記3

2017年8月11日

セブンが生まれてちょうど1ヶ月。

体長的にはほとんど成長した様子はないが、トンネルを地上まで掘ってレタスを齧った様子があったりする。赤虫は食べていないか、食べていたとしてもほんのひと齧り程度だ。

広い洗面器の中に、セブンの瓶の中身を全てあける。いつもなら少し水苔を取り除いただけで、ちょこまかとセブンが走り出してくる。

それが、出てこない。

水苔にうまいこと隠れてしまっているのか、少しずつつまみあげては裏返し、表返ししてセブンを探す。

やがて、じっと動かないセブンを発見した。水苔に掴まっているように見える。

そっと捕まえて手のひらに乗せる。

f:id:say-01:20170812224515j:plain

かろうじて生きている。けれど。

もしかして水をあげれば回復するのでは。餌をあげれば回復するのでは。実は脱皮するところだったのでは。

何をしても、元気になる様子はなかった。

 

こんな状態だけど、体をそっと撫でると、セブンは後ろ脚を震わせた。

 

 

youtu.be

セブンのスコップは、もう、ぴくりとも動かなくなった。残りの脚は、自発的に動いているのか痙攣しているのか分からない。

 

とてもゆっくりと、セブンの最期のときは終わった。

ぴったり1ヶ月の命だった。

オケラベビー "セブン" 観察記2

2017年7月29日

生きてます。

f:id:say-01:20170730192827j:plain

寸法は変わっていないと思う。

壁沿いにトンネルを造り始めたのでレタスや赤虫を入れていたが食べた試しがない。

去年の子らはこのくらいの時期に地上に出てぴょんぴょん冒険していたものだから、餌は地上に置いて食べ始めるのを待ったものだった。

セブンのトンネルは地上と瓶ぞこの約半分の高さ程度までしかなく(もっとも、中央あたりに地上近くまでトンネルを掘っていても人間からは見えないが)、餌に気づいているかどうか怪しい。そこでレタスの柔らかい葉をトンネルよりも深いところまで埋めてやった。セブンにはついつい甘くなる。

 

2017年7月30日

f:id:say-01:20170730194015j:plain

齧った跡があります。

大きい方の齧り跡でセブンが2匹入りそうなサイズだ。一晩でこんなに食べるのか。

 

今晩は同じ位置に赤虫を埋めてやろうと思う。