オケラと暮らす日記

オケラ(ケラ)を飼育しています。

冬を迎えたオケラたち

2017年11月28日

ラムチャンの卵室2つを入れておいた瓶に全く動きがない。自然に脱出してくるのを待つつもりだったが、何か予感があって壁を剥がしてみた。

f:id:say-01:20171208190332j:plain

孵化しております。しかし目を引く中央の白い物体はダメになった卵をコアにできたカビ。ここには幼虫が2匹映っているけれど、正確な数はわからなかった。孵化しなかった卵の方が多そうだとは思う。

 

2017年12月4日

ラムチャンの先月の卵は、ラムチャンが食べてしまったらしい。あれから何度か卵を産んだ様子はあったが、人間の与える餌には目もくれず自分の産んだ卵を食べ続けている。なんという永久機関

この日はラムチャンの姿が見えなかったので瓶を掘り返していたら、卵室に頭から潜り込んで隠れたつもりになっていた。その卵室の中身も食べちゃったんですね。

 

 

2017年12月6日

ラムチャンもすっかり耄碌してしまったし、ベガとアルタイルの娘は全く産卵する気配がない。もう、余生は他の大人ケラたちと一緒に過ごしてもらうことにする。

幼虫たちの瓶には時折白い塊ができており、それはカビで、中心には死骸がある。去年の子らに比べて弱いが、違いといえば新しい水苔の量だろうか。大人の耕した水苔と混ぜてみてはどうだろうか。

この際なので全ての飼育瓶の水苔を混ぜて、なんかいい感じにしてやろうと思う。

 

920Bros. は1匹しか生き残っていなかった。他の子より一回り大きく色が薄いのがいたが、多分その子だと思う。現在うちのオケラたちの中で一番食欲旺盛だ。

f:id:say-01:20171208191220j:plain

1匹だからブラザーズでもねえな。920と命名する。

 

11月13日生まれの子は2匹残っていた。あまり成長している様子でもないが大丈夫かな。

f:id:say-01:20171208191427j:plain

 

11月28日に発見した子ら。5匹かあ。このくらいだとたくさんで飼った方が(きょうだいの死骸を食べたりして)栄養状態がいい気がするので上の2匹と同じ瓶で飼おうかなあ。

f:id:say-01:20171208191721j:plain

 

最後の卵室も割ってしまう。30個くらい産んでる。なんか黄色っぽいけど孵化するかしらん。

f:id:say-01:20171208192309j:plain

 

お年寄りたち。これでも影に隠れたつもりだ。

f:id:say-01:20171208192526j:plain

 

ラムチャン、お腹真っ黒ですっかりおばあちゃんだ。

f:id:say-01:20171208192651j:plain

 

昨年は「増えすぎても困るし」としょっちゅう言ってた気がするが、これだけになると流石に寂しい。ラムチャンの最後の卵が全部孵ってくれるといいが。

おっぱいちゅうちゅうオケラベビー

2017年11月12日

人間が日帰り旅行に行っている間にラムチャンが出産。また不完全な卵室になってしまっているのは水苔が新しすぎたせいだろうか。

f:id:say-01:20171116131020j:plain

 

2017年11月13日

10月18日に発見した卵室、ラムチャンが瓶ぞこをベチャベチャにし始めた時期を入れると、一ヶ月は経過している。いくら気温が下がったとはいえ、まだ孵らないとは心配だ。そっとそっと壁を剥がすと

f:id:say-01:20171116131936j:plain

孵化中でした、まさに。邪魔してごめんよ〜!

卵室の壁を剥がしていて、壁が層になっているのに気づいた。玉ねぎのように、ペラっと剥いでもまだ下に壁がある、という感じ。この卵室で少なくとも4、5層の重なりになっている。メスのオケラは卵を産んだトンネルの穴を塞いだあと、卵室の周りをぐるぐると走り回るが、そうしながら周辺の土をかき集め少しづつ壁の厚みを増していくのだろう。

 

2017年11月15日

2日間を卵室で過ごしたベビー達が揃って脱出を果たしていた。

www.youtube.com

英語のサイトだったか、ケラは孵化後しばらく集団生活するというようなことが書いてあったが、920Bros. も最初はこんな風に固まっていた。特に助け合いをしているわけではなさそうなので「集団生活」と言っていいのかどうかわからないが。

今回は、ベビー達がママのおっぱい(ラムチャンの体液が混じった水苔)をちゅうちゅう吸うところがよく観察できる。卵の殻の次に口にする食料というわけだ。

オケラの生育は卵室がキモかもしれない

2017年11月1日

飼育ケースを清掃する。そろそろ10/17日生まれの子もしっかりしてきているはずだが、人間の与える餌を食べていないのが気がかりだ。

f:id:say-01:20171103134002j:plain

1匹だけ生き残ってた!

なぜか孵化も腐りもしていない卵が数個転がっていたので、餌がわりになるといいかと思って一緒に瓶に戻しておいた。

 

ラムチャンはというと、

f:id:say-01:20171103134303j:plain

別居以来3つめの卵室を作っていた。徐々に小さくなっているのは、材料不足なのか体力の低下なのか。

f:id:say-01:20171103134559j:plain
f:id:say-01:20171103134542j:plain

ラムチャンはまだまだ元気そう。新しい水苔をたくさんケースに入れてやるのでもう一つ二つ頼む。

 

10/18には6匹いた 920Bros. は、4匹になっていた。1匹は白っぽくて後脚の先が片方なく、いかにも具合が悪そう。脱皮直後の色とも違うし時間が経っても黒くならない。

f:id:say-01:20171103135123j:plain
f:id:say-01:20171103135100j:plain

 

ベガとアルタイルの子供達は、9/27の20匹が13匹に。幼虫だった子も無事成虫になったようだ。

間近で見ると寿命が近い個体は黒っぽくはっきりわかる。ケラの体は細かな毛に覆われており水も土もはじくものなのだが、年老いたケラの中には腹部から汁が出て水苔が纏わりつくままにしているものもいた。

ところで、日夜鳴いてはいるものの卵室は面影すらなかった。

f:id:say-01:20171103135105j:plain

 

これまでの経過から、卵室の出来不出来がオケラのベビーの生育に深い関わりがあるような気がしている。920Bros. の卵室は不完全ではあったが母ケラの体液を多少は含んでいた。卵室の壁を摂取できるかどうかで、生命力の強さが変わってくるのではないだろうか。

ベガとアルタイルの娘が作った完全な卵室が見たい。若々しく大型のメスを1匹、ケースを分けて世話することにする。

 

水槽を撤去した代わりに小瓶がたくさん並ぶ。蓋を白い紙で作ったので石油王の団体のようになった。

f:id:say-01:20171103135110j:plain

 

 

2017年11月2日

あかんかった。

f:id:say-01:20171103135117j:plain

10/17水槽生まれの最後の子が死んでしまった。

オスオケラ"モロボシ"との別れ

2017年10月23日

ラムチャンが餌を食べたり食べなかったりしている。多分また卵室できてる。

……できてた。

f:id:say-01:20171029212006j:plain

前回のものより少し小さい。これも別瓶に隔離。ラムチャンの瓶はどんどん水苔が減っていくなあ。

英語でググって調べたところによると、自然界では水分不足で卵がダメになることが多いそうだ。そこだけは気をつけて管理しなければ。

 

2017年10月26日

モロボシが旅立った。

f:id:say-01:20171029212605j:plain

ずっと餌の減りも悪かったし、体に黒い斑点が増えてきているのがわかっていたので、土中で亡骸になっていることも覚悟していた。けど、地上で力尽きていた。

一応、昆虫も歳をとると目や感覚器官が弱って、それで危険がわからなくなって地上に出てきてしまうという仮説を立ててはいるのだが、それだけでは説明つかない気もするな。

 

さよならモロボシ、君の子供たちのことは任せておけ。

 

 

おまけ 1

部屋の中にエンマコオロギ(メス)がいた。帰ってください。もう飼えないよ。

f:id:say-01:20171029213931j:plain

 

おまけ 2

ここ半月ほど、メカトロウィーゴのプラモデル、

moderhythm.hatenablog.com

を改造してメカオケラを作るなどしていた。

このようになりました。翅が小さい幼虫タイプです。

f:id:say-01:20171029214704j:plain
f:id:say-01:20171029214724j:plain

前脚が(私にしては)上出来。満足。

9月20日産まれの仔ケラたちは

2017年10月18日

920Bros. の数を数えようとする。ちょうどいいサイズのものがなくてうっかりステンレスバットに移したせいで反射で写真が撮りにくい。

f:id:say-01:20171019205007j:plain

一番大きい仔は 9mm ほどに成長していた。

 

f:id:say-01:20171019205115j:plain

ほかの仔はみんなこのくらい。6mm といえば孵化したばかりの頃と変わらないように思えるが、色分けやフォルムがかなり違う。

 

数は6匹。だがそのうち1匹はかなり弱っているようだった。孵化直後に瓶の外から数えたときは少なくとも7匹はいた。そろそろ赤虫を食べてくれると安心なのだが。

 

 

ついでなのでラムチャンの瓶の中を覗いてみた。ラムチャンはモロボシと別居になった時から瓶の底をベチャベチャにして毎日ぐるぐると走り回っているので、卵室を作っているかもしれない。

手を突っ込んで水苔をかき分けると、果たしてベチャベチャした塊に行き当たった。この段階では単に水分を多く含んだ水苔の塊なのかもわからない。瓶底からえぐるように掻き出すと

f:id:say-01:20171019210518j:plain

そこには重量感のある立派な卵室が。

直径 60mm もある。少しくらい押しても壊れない。これなら卵が30個以上入っているかもしれない。ラムチャンの飼育瓶の底を 1/3 ほども占領していたこの卵室は別の瓶に移すことにする。ラムチャン、まだ産めるやろ?

オケラの孵化まで何日かかる?

2017年10月17日

9月27日に水槽からサルベージした卵はしばらく透明感のある外観だったが、ここ数日で不透明な白色に変わった。水槽は大所帯で産まれた卵が片っ端から食べられていることを考慮すれば、9月27日の朝に産卵したばかりだったと推測できる。2週間くらいで孵化しなければダメかとも思ったが、急に寒くなったので様子見していた。孵化までの日数には気温が関係するらしいので。

 

そして今朝。

f:id:say-01:20171017151001j:plain

ああ。孵化してました。20日かかってます。

孵化したばかりの子は白くてよく目立つ。もう黒っぽく色づいている個体もいる。数匹孵化できたようだ。

この子らも不完全な卵室から外の世界に出てきてしまったので、あまりほじくり返すとママのおっぱい(卵室の壁に含まれる母ケラの体液)にありつけないかもしれない。数えるのはまた後日。

 

少し時間をおいて、程よく色づいた個体を周りの水苔ごとすくい上げてみた。

f:id:say-01:20171017151751j:plain

まだよちよち歩きでしょっちゅうひっくり返っているが、しかしよく動く。元気だ。

 

f:id:say-01:20171017151920j:plain

なかなかじっとしてくれないが、手相の溝を掘ろうとして懸命に食いついているところをようやく計測。6mm くらいかなあ。

 

そう言えば、10月に入ったら 920Bros. の数を数えるつもりだったが都合がつかないまま。ひとまわり大きくなっているようだ。明日こそは。

 

ベガとアルタイルの子供たちの間にでき、7月11日に孵化したセブンは1週間で死んでいった。今日孵化した子らは長生きしてくれると嬉しい。

オケラの耳はどこにある

2017年9月29日

ぶどう。ベガとアルタイルに皮の付いたままのと剥いてやったのとを与えると剥いた方しか食べなかったぶどう。

爪楊枝を使えばそう手間でもないので剥いてやり、各ケースに入れてやった。

スイカもそうだが、ぶどうも夢中になる美味しさのようで、水槽の数匹が人間の目の前でむしゃぶりつく醜態を見せた。

f:id:say-01:20171002194545j:plain

やはり口元の構造がよくわからない。先端の丸い4本の突起のうち上側の2本は、人間の人差し指のような関節を持ち、ぶどうを押さえたり刮いだりしているように見える。

4本の突起の中央は十文字に開くのではないかと思うが、その様子は観察できなかった。中央からブラシ状の舌のようなものが出てきて、ぶどうの実を削り取っているように見える。カブトムシと同じようなものだろうか。

 

920Bros. には大きすぎるのか、よじ登って遊ぶ(?)ものの食べているふうではなかった。汁ぐらいは舐めていたかもしれない。

f:id:say-01:20171002195643j:plain

 

ところで、幾度となく「ケラ」「オケラ」に様々な語をプラスして検索している私だが、全く新しい情報に出会わなくなって久しい。ふと、英語の世界ではどのような扱いを受けているのかと気になり、検索窓に「 mole cricket 」と入力してみた。

トップはもちろん

Mole cricket - Wikipedia

で、その下には「 pest control(害虫駆除)」の文字が見えるサイトが並ぶ。

ウィキペディアの日本語のページには主に日本のケラのことしか書いていないが、英語ページには世界のケラの仲間の記述があり、生態に関しても若干表現が違うようだ。

「文化」の項目に面白いものを見つけたので訳してみる。

 

In Japan in the past they seem to have been associated with the worms/corpses/bugs that announce a persons sins to heaven in the Koshin/Koushin belief—see the spirit ghoul shokera/shoukera.

日本では、昔、オケラは庚申待において天帝に人間の罪を告げるミミズ/死体/昆虫だと信じられていた。妖怪しょうけら(精螻蛄)を参照。

 

うーん、オケラと精螻蛄はカラスと八咫烏くらい違う気がする。

 

閑話休題、英語版 Wikipedia からケラの解剖に関して新しい知識を得た。

オケラの耳の位置です。

f:id:say-01:20171002202542j:plain

コオロギなんかも前脚の側面にあるそうで。

耳のそばで土を掘ってたらうるさいんじゃないかなんて思ったりもするが、人間の耳とは聞こえる周波数がだいぶ違うんだろうなあ。